HOME > まじかるブログ > 代表のブログ > 誰かの役に立てたら嬉しいですか?

まじかるブログ

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

誰かの役に立てたら嬉しいですか?

子ども料理教室≪まじかるれっすん≫では半年に一度参観日があります。

2年で4回の参観日にはいつもの倍近くの食材を切ることになりますが、 残念ながら4回全てに玉ねぎや長ねぎが登場します。

まじかるれっすんで大人顔負けの料理を作る彼らですが、包丁を大人のようには扱えません。
玉ねぎなどを切る場合はどうしてもゆっくりになり、結果辛いことになります。

その痛みを経験しているので
「切るぞ!」と気合を入れて玉ねぎと向き合う子もいます。
「痛いんだよなぁ~」とボヤキながら取り組む子もいます。
黙って時々横を向きながら刺激物を吸い込まない工夫をする子もいます。
ただただ黙々と切る子もいます。

子どもたちは大好きな家族のために頑張るのです。
家族に食べて欲しくて、喜んで欲しくて、
痛くても、涙が止まらなくても、最後まで切り続けるのです。
辛いからと投げ出す子はいません。

そのいじらしさに、その純真さに、その尊さに
お家の方や講師の大人がホロリとさせられます。

 

子どもなのになぜそこまで出来るのか。

それは家族のためにひとつの料理を作りあげる自信があるから、
家族に喜んでもらえることが嬉しいから、
家族の役に立てたことに喜びを感じているから
自分の存在価値があることに幸せを感じるからなのです。

誰かのために何かできる喜び、役に立てる幸せは
子どもでも実感することが出来るのです。

目の痛みを余裕でカバーする大きな愛が小さな身体の中にしっかり育っているのです。

それが自己肯定、
「自分はここに居ていいと思えること、
ありのままの自分を受け入れられること」です。

子ども料理教室≪まじかるれっすん≫は料理を通して自己肯定感を高め
明るく元気に諦めずに頑張る力を育てることを第一の目的にしています。

≪まじかるれっすん≫の参観日は子どもたちの心が大きく育つ大切な日なのです。
そして我々講師にとっても子どもたちの成長とそれぞれのご家庭の温かな雰囲気が
何よりの力になる日です。

子どもも大人も高めましょう、自己肯定感。


カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

2019/09/18その他のお料理教室のご案内代表のブログ

【早期ご予約特典つき こだわりの手作り味噌教室】

大豆と麹と塩、 たった3つの材料から旨味と深い味わいを生み出すお味噌 昔は各家庭で作られていたお味噌、 作ること自体は決して難しい作業ではありません。 大切なのは素材と時間...

続きを読む

2019/09/08代表のブログ

取材されました!

まじかるれっすんに取材が入りました! 7年前に松戸市で始まった、 子どもの生きる力を育てる子ども料理教室まじかるれっすん。 松戸本校の会場はJR松戸駅から歩いて2...

続きを読む

2019/08/31代表のブログ

怪獣になった1年生

夏野菜カレーを作った8月の子ども料理教室まじかるれっすん 辛さはひとそれぞれ好みがあり 辛いものが苦手な大人、得意な子どもも居ます。 「辛いものが苦手な子はカレー粉を 半分...

続きを読む

2019/08/29代表のブログ

年に一度のビッグプレゼント!

夏休みを利用して故郷に帰省された方も多かったことでしょう。 おじいちゃんやおばあちゃんは成長したお孫さんに会うのを 首を長くして楽しみに待っておられたことと思います。 そんなおじいちゃん...

続きを読む

2019/08/27代表のブログ

未就学児のクッキング教室開催のご要望にお応えして

昨年の9月に始まった3歳から参加できるおやつクッキング。 せっかくの夏休み、 親子でおやつ作りを楽しんで頂きたい と考えたのが「お手軽ミニタルト」 こどもたちにとっては ...

続きを読む