HOME > まじかるブログ > 代表のブログ > 子どもたちにとってみじん切りはゲームです

まじかるブログ

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

子どもたちにとってみじん切りはゲームです

 

お料理が大好きな子どもたちは
包丁で切るのも大好きです。


メニューによっては包丁を殆ど使わないものもあり

そんな時には

「えーっ!もう終りなのぉ〜!」

と残念そうに言います。


松戸本校、レギュラークラスの9月のメニューは「ドライカレー」。


だから


今月はそんなこと言わせません! 


沢山、沢山切って頂きます。


ひき肉の大きさに合わせ
材料を細かく切ります。


細長く切って、





更に細かく切る。





「このようにとても細かく切ることを『みじん切り』
と言います。」


「知ってる〜!」



「じゃぁ〜、何故みじん切りにするんだろう?」




講師とのやり取りから
みじん切りにする意味を理解した子どもたちは


ただ、ただ切ります。


材料の中に苦手なものを見つけても切り続けます。


ひたすら切り続けます。



ひとしきり、
切ることに集中した彼らは
晴れやかで満足そう。




この集中すること
そこが大人のみじん切りと異なる点です。


子どもたちは
細かく切ることをまるでゲームのように
楽しんでいます。



「切るの面倒くさい!」
なんて言う子はいません。




ほらっ! お見事でしょっ!





材料のみじん切りが終われば
ドライカレーはほとんどできたようなもの。


後は余裕で仕上げます。









こどもはちゃんと話せばわかります。


ドライカレーはみじん切りが普通。
だから細かく切ってね。

と伝えたらここまで細かくはならなかったでしょう。



細かく切りたくなるような言葉掛けをすることにより
子どもたち自らみじん切りにチャレンジしています。



これは子どもたちがひとりで料理をするための大事なポイントで
まじかるれっすんの特徴のひとつでもあります。





こどもってまるでパワーそのもの!





 

<書いた人>

  

 鈴木真理

 ≪食育指導士・マジカルクッキング主宰・子ども料理教室まじかるれっすん代表≫
 我が子の闘病をきっかけに健康食への試行錯誤が始まる。
 やがて「家庭料理教室イージーキッチン」を設立

 大人の料理教室マジカルクッキング、子どものための料理教室まじかるれっすん、
 天然醸造のお味噌作り教室、塩だけで漬ける梅干し教室などを開催中。
 忙しい方やお料理苦手な方の毎日のご飯づくりが楽になるお手伝いをしています。
   
 

カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

2020/09/20代表のブログ

小学生が2時間掛けて証明したものは

  子ども料理まじかるれっすん®  松戸本校は千葉県松戸市にあります。 レッスンに参加される方は松戸市内の方が大数ですが 有り難いことに近隣の県や市から時間...

続きを読む

2020/09/08代表のブログ

180度、彼を変えた〇〇

  9月のまじかるれっすん 松戸本校のメニューは「ドライカレー」です。 この日も子どもたちがお手本にするために 講師が実際に「ドライカレー」を作って見せていました。 ...

続きを読む

2020/09/02代表のブログ

なぜ子どもたちは大人顔負けの工夫ができるのか

  習ったレシピをおうちで再現する子どもたち 足りない食材や苦手なものは抜いてしまう? いえいえ、そんな事はしませんよ。 ある男の子は 「作るのが...

続きを読む

2020/09/02代表のブログ

「ドライカレー」 追加開催します

9月に予定したレッスンがすべて満席になり 更なるお申込みを頂いている為 開催日を追加しました。 それに伴い体験レッスンもお受けいたします。 日程は 9月19日(土) 9時30分〜11時3...

続きを読む

2020/08/25代表のブログ

輝く瞳がバロメーター

  コロナ禍でも安心して クッキングを楽しんで頂けるまじかるれっすん。 共同作業ではなく 一人ひとりが自分の分を作る単独作業の為 料理中も人との接触が少なく 自然に...

続きを読む