HOME > まじかるブログ > 代表のブログ > 楽しさの奥にあるものとは

まじかるブログ

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

楽しさの奥にあるものとは

子どものための料理教室まじかるれっすんは
毎月1メニューずつ2年間で24レシピを学びます。
それがレギュラークラスです。


24レシピが終了すると
退会なさる方、
もう一度同じメニューを繰り返す方、
違うメニューをもっと習いたい方に別れます。

もっと続けたい方のために
本校だけに中級者クラス(ミドル)全6回と
上級者クラス(アドバンス)全24回があります。


レギュラークラスではその月のメニューを
子どもたちの前でお手本のために作って見せますが、
中級者以上になるとこのお手本はありません。

その代わり子どもたちがこれから作るもののイメージが
湧きやすいように見本を作っておきます。

出来上がりを見た後
子どもたちは講師の指示だけで作り始めます。

今月の中級者クラスのメニューは「肉豆腐と酢の物」でしたが

例えば

「カニカマは裂いてね〜」




「きゅうりは斜め切りね〜」





「う〜ん、良いかおり〜」





「ネギは2センチ幅くらいに切るよ〜」




切ってる途中で「猫じゃらし〜」とか




「いぇ~い、豆腐のタワーだぁ~」



なんてこともあります。


「お肉は切ったらフライパンに入れてね〜」



きれいに並べる子も。


大人とは違うところが沢山ありますね。
子どもたちはクッキングが大好きで
ひとつひとつの作業を楽しんでいることがよくわかります。


だから食材の切り方も加熱の仕方も盛り付けも基本的には自由です。





自由だけど適当な訳ではなく、
ふざけている訳でもなく、
最後まできちんと責任を持って仕上げます。




レギュラークラスを卒業しても尚も料理がしたい
と自ら選択した彼らは、
自由には責任が伴うことを料理からも学んでいるのです。
だからこそ、多少のお遊びも自分で切換え、
真剣に料理と向き合い楽しさを見つけ出しています。


これこそが生きる力です。


こども料理教室まじかるれっすん 松戸本校の鈴木真理でした。

まじかるれっすんの開催スケジュールはこちらから

まじかるれっすんのお申込みはこちらから



<書いた人>



鈴木真理

≪食育指導士・マジカルクッキング主宰・子ども料理教室まじかるれっすん代表≫
我が子の闘病をきっかけに健康食への試行錯誤が始まる。
やがて「家庭料理教室イージーキッチン」を設立

大人の料理教室マジカルクッキング、子どものための料理教室まじかるれっすん、
天然醸造のお味噌作り教室、塩だけで漬ける梅干し教室などを開催中。
忙しい方やお料理苦手な方の毎日のご飯づくりが楽になるお手伝いをしています。


















 


カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

2019/07/14代表のブログ

悩めるママたちのために

千葉県松戸市の小学校には保護者同士が学年の枠を越えて、 楽しみながら様々なことを学びましょう。 と言う家庭教育学級があります。 先日、その家庭教育学級の講座のご依頼で ママたちの不...

続きを読む

2019/07/05代表のブログ

お兄ちゃんがんばって!

東京都墨田区鐘ヶ淵の「二階の食堂」と言う名前の飲食店で 子ども料理教室まじかるれっすんを開催しました。 5名の子どもたちはお家の方に見守られながら ルーを使わないで作るハヤシライスにチャ...

続きを読む

2019/06/24代表のブログ

苦手なものが食べられただけでなく...

嫌いだと思ったお魚が美味しい? 子ども料理教室まじかるれっすんのレギュラークラスを終えた後も まだ料理を楽しみたいこどもたちが通う上級者クラスの男子ママからのお声です。 この日のレッ...

続きを読む

2019/06/22代表のブログ

子ども料理教室まじかるれっすん体験会@すみだ 第2弾

コック服を着てメニューの全工程をひとりで料理して食べる 子ども料理教室まじかるれっすん。 過日行われた体験会の様子です。 何もかもが初めてだからドキドキのガチガチ コック服に、着替...

続きを読む

2019/06/17代表のブログ

居場所になる教室

  まじかるれっすんは千葉県松戸市を中心に神奈川県や東京都にも広がっている 子どものための料理教室です。 半年程前に「豚汁とおにぎり」のメニューで体験レッスンを受け 入...

続きを読む