HOME > まじかるれっすんの講師紹介 > 郷州 葉子(ごうしゅう ようこ)

まじかるれっすんの講師紹介

一覧へ戻る

郷州 葉子(ごうしゅう ようこ)

名前(ニックネーム) 郷州 葉子
教室名 郷州教室
開催場所・アクセス 自宅|松戸駅よりバス10分・矢切駅より徒歩15分
お問い合わせ yoko.magicallesson@gmail.com
経歴・資格 奈良県出身
10歳の時に松戸市に移り住む
高校卒業後、オーストラリアの大学に進学
シドニーの語学学校で日本語講師として勤務
帰国後、米国に本社を置くIT企業でエンジニアとして7年間勤務
結婚後はフリーランス翻訳家として映画の字幕翻訳や吹き替え台本の翻訳、
特許翻訳などを手がける。
スカイプを使ったオンライン英会話、こども英語教室の講師
資格:TOEIC990点
まじかるれっすん講師養成スクール2期生
好きな料理・得意な料理 好きな料理はお寿司とパスタ
得意料理はチキンクリーム煮
性格 元気いっぱい!
楽天的
趣味 ピアノ、音楽鑑賞、旅行
 

講師になった理由・経緯

子どもが大好きだから! 子どもたちと一緒に楽しい時間をたくさん過ごしたくて、講師になろうと思いました。 小学生の娘がまじかるれっすんに通っていますが、様々な習い事がある中で、まじかるれっすんには特別な何かがあるということを、まずは生徒の保護者として感じました。 ただ単に料理を習いレシピを覚えるだけでなく、子どもが笑顔になり、心が優しくなる、自信を持つ事ができる。まじかるれっすんにはそんな「魔法」があります。 自分の子どもだけでなく、より多くの子どもたちにこの魔法を広げたいという想いから、講師になることを決意しました。 そして何より決め手となったのは、この魔法の源、鈴木真理先生のお人柄と想いです。お料理を通して生きていくための基礎である食の大切さを学ぶことはもちろん、人を思いやる心や発想力、想像力、創造力、自信、自主性、生きるチカラを育みたい。そんな鈴木真理先生の想いに心を動かされました。まじかるれっすんの講師としてのみならず、親としても、ひとりの大人としても、この想いを常に心に置いて子どもたちと接したいと思っています。


子どもたちへメッセージ

お料理にきょうみがあるお友だちも、そんなにきょうみがないお友だちも、ぜひまじかるれっすんに参加してみてくださいね!まじかるれっすんには毎回、おどろきと発見とわくわくがあります。 たのしみながら、一緒においしいものを作りましょう。 まじかるれっすんは、学校とも、おうちともちがう、まじかるだけのとくべつな場所です。 ほんとうの自分、あたらしい自分が発見できるかも? みなさんに会えるのをたのしみにしています♪


お母さま方へメッセージ

まじかるれっすんでは、レッスンで学んだお料理をご自宅でも作ってもらうことになっています。その際には台所を使わせて頂き、ご協力頂けますようお願い致します。 ひとりで出来るように教えますので、普段の大人のお料理の手順とは違う所もあるかもしれませんが、お母さまはできるだけ見守ってくださいますようお願い致します。 私は娘が年長の頃からまじかるれっすんに通っておりますが、娘が1人で台所に立ち、それを黙って見守るということは、私にとっては簡単なことではありませんでした。 思わず口や手を出してしまいそうになりますし、時間がかかることもあります。 でも出来上がった時の感動は、親にとっても子どもにとっても格別です。 それがお子さんの喜びや自信に繋がりますので、是非お子さんにお任せしてみてください。 子どもをまじかるに通わせている親にとっても、様々な発見や学びがあります。 ぜひご家族でまじかるれっすんを楽しんでください。

一覧へ戻る